冬期講習の料金やメリット・デメリットについて

お問い合わせ
  1. TOP > 
  2. 特集 > 
  3. 冬期講習の料金やメリット・デメリットについて

冬期講習の料金やメリット・デメリットについて

冬期講習の料金やメリット・デメリットについて

塾に通っていると必ず案内される冬期講習ですが、受けたほうがいいのか必要ないのか迷うと思います。 そんな冬期講習を受けるかどうか迷っている方に向けて、冬期講習のメリットとデメリットについて紹介します。 ぜひ、冬季講習を受講するかしないかの参考にしてください。

▼目次

冬季講習のメリット

1.受験生の場合
まず受験生にとっては、冬期講習は、志望校の入試を想定した模擬演習を繰り返すことで得点力を上げることができる良い機会になります。

過去問をするだけであれば自宅でもできますが、塾の冬期講習であれば過去数年間の入試傾向を踏まえた入試問題演習を受けられ、さらに得点を上げるためのポイントやわからない問題の解説を受けられることができます。

また、年末は様々なイベントやテレビも普段と違い特番でおもしろいなど、誘惑も多く集中して勉強ができないお子さまには、周囲の受験生と一緒に緊張感をもって授業を受けられるメリットがあります。

2.受験生ではない場合は復習の良い機会になる
受験生ではない場合は集中して”復習”ができるというのが大きなメリットです。
特に2学期は1年間を通して重要な単元の授業が多く、まとまった休みのうちに復習をしなければ今後、確実につまずくので、ダラけてしまうお子さまや、スケジュール管理が苦手なお子さまは、塾の冬期講習を受けて苦手の克服と勉強の習慣化をさせましょう。

冬季講習のデメリット

1.冬季講習に行くだけで勉強した気になる
冬季講習に行くだけで勉強した気になり、内容を理解せず勉強を終わらせてしまことがあります。

2.自分のペースで勉強ができない
自分の得意、不得意が理解できていて、自分自身で学習計画が立てられるお子さまにとっては、長時間拘束されるので無駄な時間を過ごすことになります。


3.料金が高い
冬季講習はやはりお金がかかります。

A塾(1コマあたり)
小学生:2,130円~(税別)
中学生:2,500円~(税別)
高校生:3,125円~(税別)


B塾(1コマあたり)
小学生:2,500円~(税別)
中学生:2,700円~(税別)
高校生:3,000円~(税別)


受講数の分だけ料金が増え、さらに教材費が別途必要だったりします。
受験対策など特別な授業になるとさらに料金は上がるでしょう。

以上のように冬季講習にはメリット、デメリットがあります。
お子さまが自主的に勉強しない子の場合や、受験前で集中して勉強をしたい場合に利用するのが良いでしょう。
塾に在籍中の場合は、担当の先生に流されて受講することになることが多いです。
お子さまと相談し必要が無ければハッキリ断りましょう。

関連ページ