1分で読める!やる気がなくてもできる勉強法!

お問い合わせ
  1. TOP > 
  2. 特集 > 
  3. 1分で読める!やる気がなくてもできる勉強法!

1分で読める!やる気がなくてもできる勉強法!

1分で読める!やる気がなくてもできる勉強法!

勉強をしなければとは思いつつ、ついつい怠けてしまったり、
やる気を出したいけど、集中力が続かない…。
そんなあなたのために、やる気がなくても何とか勉強できる方法を紹介します。

やる気が出ない時は、無理に出さなくてもいいのです。
やる気がなくても勉強できる以下の方法を実践しましょう。

状況に応じて勉強する内容を決める

目の前にあるテキストなどで、適当に勉強するのではなく、状況に応じて勉強する内容を決めましょう。
まだ、比較的やる気がある場合は、数学の応用問題や国語の読解問題など、考える勉強がいいでしょう。
考える問題は考えれば考えるほど、のめり込むので、やる気が向上していきます。
そして、本当にやる気が出ない時は、暗記の勉強に取り組むようにしましょう。
やる気が出ない時に、考える勉強に取り掛かろうとしても、集中力が続かなくて挫折し、
さらにやる気がなくなる事があります。
なので、単語帳を見るなど、あまり頭を使わずに簡単に勉強を進められる暗記がいいでしょう。
何気なく暗記を進めているだけで、勉強したと実感し少しずつやる気が出てくることもあるので、オススメです。

勉強をする時間を決めメリハリをつける

「何時までに5ページ終わらせる」や「何時までに英単語を30個覚える」など、
具体的な目標を決めてください。
目標時間は、ぎりぎり終わらせられそうな時間で設定しましょう。
そうすることで、「焦り」が生まれ集中力が高まります。
そして、勉強時間は長くても1回1時間以内に設定してください。
また、1回の勉強が終わったら、必ず10分は休憩をはさんでリフレッシュしましょう。

どうしてもやる気が出ないという人は、まず勉強時間30分くらいからはじめてください。
飛躍的に状況が改善されるはずです。

勉強に集中できる環境を作る

家で一人で勉強していると、誰も見てないのでだらけてしまったり、テレビやゲーム、マンガが近くにあったりと、集中して勉強するにはかなり難しいです。
やる気が出ない、ついつい怠けてしまうという人は、一人で塾の自習室か図書館に行きましょう。
場所を移動すると、わざわざ来たので何かしようと思うので少しやる気が上ります。
自習室、図書館に着いて着席したら、スマホの電源はオフにしてカバンの中に、机の上には今から取り組む教科のテキストや教科書と筆記用具のみを出しましょう。
あとでやる教科の教材は集中力の妨げになるのでカバンの中に入れておいて下さい。

最後に「ご褒美」を用意しておく

勉強は結果が出ないとやる気にはなれませんし、結果を出すには勉強するしかないというどうどうめぐりです。
なので、30分勉強すれば、お菓子を食べるなど小さな成果を作る事で、勉強をする動機を作るのも有効な手段です。
勉強をし出しさえすれば自然にやる気が出てくるので、面倒な最初の一歩を頑張って乗り越えて下さい。

関連ページ